結局ウォーターサーバーって何が違うの?

水の品質の高さが違う

ウォーターサーバーを導入するときに水道水やミネラルウォーター、天然水などと何が違うのかと疑問に思う人はいます。結論から言えば水の品質の高さが違うのが大きな点の一つです。市販のミネラルウォーターや天然水と同じレベルで新鮮で安全性の高い水を使用することができるので水道水に比べて健康にも美容にも良いのが魅力です。しかし、より厳密に見ていくとウォーターサーバーに使われている水は市販の水よりも水質検査や品質検査、放射能検査などを丹念に行っていて品質がより高くなっている傾向があります。また、採水して適切な処理をした後で速やかに宅配するシステムを持っている業者が多いため、新鮮さでも勝っているものが多いのが魅力です。

サーバーの機能が違う

ウォーターサーバーを利用する魅力としてサーバーを使うという点があります。他の水と明らかに違うのはこの機能性が高いことです。特にはっきりとわかるのが温水と冷水をいつでも手軽に出せることであり、温度調節機能が充実していると一度刻みでコントロールした水を出せるようになっています。原則として電気が必要になりますが、停電で断水という状況であっても水出しだけならできるようになっているサーバーもあるので非常事態における備蓄水としても利用可能です。ボトルの水も直接開けて出せるようにして備蓄水としての役割を高めているものもあります。このような機能性について優れているのがウォーターサーバーを導入するメリットです。

ウォーターサーバーの価格は会社によって違うので、色々な会社を比較してみることをおすすめします。最近では月額で1000円くらいまでのものが増えています。

© Copyright Water Dispensers . All Rights Reserved.